2006年05月22日

実験20日目:検討を祈る

オッサンリーマンは当然サラリーマンであるが、先日、付き合いのある会社の社長よりメールをもらい胸を痛めた。


メールによると、今月末(5月末)までに資金を調達しなければ、7月末で会社が潰れるという。いつも強気で獅子舞みたいな顔で豪快なオッサンが
こんなメールを書くとは心中を察する。
俺自身何かしてあげられる事はないかと必死で考えてみたが、金持ちでもなけでば、仕事を廻せる権利もない。実際何もしてあげられない。そんな自分が悲しくなってきた。サーフで稼げばと一瞬思ったが、そんなことは言えなかった。無責任な感じがして言えなかった。



現世は余りにも他人事の無責任に満ち溢れており、酒のつまみに等しい。
常にお金と引き換えに義務を果たさねばならない焦燥感に苛まれる。
その昔は、一つのことに集中して生きれたが、現在はそれでは食えない。
時代のうねりとして諦めるか、それとも食えなくても自分なりの価値を
追求するか。
「共生・共存」等と奇麗事を言っている世の中ほどあり得ないことだと思う。
そもそも無いから言うのだろう。
早く「心」で解り合える時代が来て欲しい。
それには各人が面白いと思える価値観を持つことが先決ではないだろうか。

そんな事を思った実験20日目である。



たまにはこんな話もいいんでないの。
posted by オッサンリーマン at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。